好条件の土日休みの薬剤師の求人を見つけるには

薬剤師4

土日休みの薬剤師の求人は、一年を通じて規則正しい生活リズムを維持しやすいため、子育て中の人や私生活の時間を大切にしたい人に選ばれる傾向があります。そうした中、少しでも条件が良い求人を見つけるには、薬剤師の求人を専門に扱っている転職支援サイトや人材紹介会社を頼りにしたり、同業の友人や先輩を頼りにしたりすることがおすすめです。

薬剤師の求人募集が守谷で増加


薬剤師求人をメインに扱っている転職支援サイトを使ってみよう

土日休みの薬剤師の求人を効率良く探したい場合には、薬剤師求人をメインに扱っている医療系の転職支援サイトに会員登録をして、空き時間を使って希望条件に合う求人をメインに検索するのがおすすめです。例えば、実績がある就職情報会社が運営する転職支援サイトの中には、求職中の薬剤師が無理なく求人検索できるよう、給料や仕事内容、勤務地などの条件を自由に指定できるシステムが導入されているところが多くあります。

そのため、各地の病院や薬局などのホームページや求人広告を利用してもなかなか条件の良い求人が見つからないという人は、同じ年代の求職者に選ばれているサイトにいくつか登録をしてみるのも良いでしょう。最近では、新規の登録者を対象としてプロフィールの作成のアドバイスをしたり、キャリアコンサルタントが悩み相談に乗ったりしているサイトの数も増えているため、じっくりと利用価値が高いサイトを見極めましょう。

また、過去に転職支援サイトを利用した経験がない人は、自分に向いているサイトを見つけるために、既に転職活動を終えた人のレビューをチェックして、それぞれのサイトのメリットとデメリットをよく理解することが大事です。

求職者へのサポート体制が整っている人材紹介会社に相談しよう

薬剤師10

医療分野に特化した人材紹介会社の中には、土日休みの薬剤師の求人を探している求職者へのサポートが行き届いているところが少なくありません。そうした中、短期間のうちに仕事とプライベートを両立しやすい職場を見つけたい人は、各地で医療従事者に高く評価されている人材紹介会社に問い合わせをすることが大切です。

たとえば、地域に密着した小規模の病院の外来や調剤薬局などの土日休みの求人は、転職支援サイトなどで大々的に募集が行われないこともあります。そこで、こうした職場を探したい人は、早めに各地域の事業所とのコネクションがある人材紹介会社のスタッフに求人の有無を尋ねてみるのも良いでしょう。

内定率の高さをアピールしている人材紹介会社においては、専門のスタッフが面接に同席したり、求人選びのために適職診断をしてくれたりすることもあり、新卒者からベテランまで不安なく就職活動に取り組める環境が整いつつあります。

一般的に、医療現場や製薬会社などで務めた経験がない人や、年齢が若い人については、納得のいく土日休みの求人が見つかるまでに時間が掛かることもあります。

そのため、できるだけ余裕を持って人材紹介会社の担当者と連携を取りながら求人検索を開始することがポイントです。


薬剤師を必要としている事業者が多く集まるイベントに足を運ぼう

土日休みの薬剤師の求人を選ぶうえで、時間があれば薬剤師を必要としている事業所が多く集まるイベントに足を運んで、採用担当者や現場の責任者などに直接話を聞く機会を設けることがおすすめです。たとえば、都市部にあるドラッグストアや調剤薬局の中には、雇用形態によらず土日に休みが取れるところが多くあり、生活のリズムを乱したくない人や、子育てに負担を掛けたくない人にとって好ましい状況となっています。

イベントによっては、各事業所の関係者とコミュニケーションが取れるだけでなく、その場で面接を受けられることもあり、就職活動の手間を省きたい人にとって大きな利点があります。また、大小さまざまな規模の医療関係の事業者が集まる就職フェアや相談会のイベントは、事前申込みが必要ないものもあるため、求職者はもちろん、在職中の人も気軽に参加をすることができます。

なお、様々な年代の薬剤師が訪れるイベントの様子については、就職情報誌や口コミサイトなどで取り上げられることもあるため、参加をする前に一通りの情報を集めておくと良いでしょう。

薬剤師として各地の現場で働いている友達や先輩におすすめの職場を教えてもらおう

転職支援サイトや人材紹介会社をなるべく頼らずに土日休みの薬剤師の求人を探したいという人は、薬剤師として各地の現場に勤めている友達や先輩に条件が良い職場について教えてもらうという方法もあります。また、それぞれの事業所で薬剤師が期待される経験や能力、資格などは、求人票などに詳しく掲載されていないこともあるため、周りの人に親身になって相談に乗ってもらうのも良いでしょう。

在学中から色々な職場のインターンシップや実習に参加しよう

薬剤師が活躍している土日休みの職場は国内にたくさんありますが、少しでも自分の適性や能力を仕事の中で発揮したい場合は、在学中から興味がある職場のインターンシップや実習に参加することも大切です。人材育成に努めている製薬会社や総合病院の中には、夏休みや冬休みなどの期間に薬剤師の免許を取得予定の大学生を対象としたインターンシップや実習の受け入れを活発に行っているところが多くあります。

そのため、現場で働く前に薬剤師に必要なスキルや職場内での役割について知っておきたい人は、積極的に様々な職場の関係者とコンタクトを取ることがおすすめです。また、製薬会社の研究所や大学病院の調剤薬局などで勤務をする場合には、他の職場と比べて薬学に関する専門知識や技術が求められることが多くあります。

そこで、必要に応じて、在学中から薬剤師をターゲットとしたセミナーや勉強会などの機会を利用したり、海外留学を希望したりするのも良いでしょう。その他、医療機関の病棟や老人ホームなどで薬剤師として働く場合は、雇用形態によって休みが不規則になったり、一日あたりの労働時間が長くなったりすることもあります。

薬剤師の仕事を始めてからこうした問題に悩まされないためには、薬剤師が活躍している様々な現場の勤務体制について早めに理解をすることが大事です。

土日休みの薬剤師の求人選びで大事なこと

土日休みの薬剤師の求人を選ぶ際には、求職中の医療従事者を対象とした求人サイトや人材紹介会社、就職イベントなどを利用するのはもちろん、早めに自分に向いている職場を見極めましょう。また、できれば在学中から様々な機会を通じて、医療現場や製薬会社など薬剤師が働いている職場の事情について知ることも重要となります。

参考リンク(薬剤師求人情報|APOPLUS 薬剤師